*

キャバクラで働いて良かった事と悪かった事【メリットとデメリット】

   

キャバクラに勤務して良かったこともたくさんあります。ですが長く夜のバイトをしていると感覚も麻痺してくる面など悪い事ももちろんあります。

ここでは私の8年の体験からご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

またこちらも関連記事になります。
キャバクラ嬢になって分かる大きなデメリットとは?

キャバクラで働いて良かった事【メリット】

良かったことは、まず「給料がいい」ことです。

キャバクラというお仕事は、指名をとって稼ぐお仕事ですが、最低時給(指名が取れなくても保証される給料)自体が良いお店が多いです。

もちろん指名をとればとるほど給料は増えるので、頑張ったら頑張った分だけ自分に見返りがあるシステムも魅力的です。ここが私に合っていました。

他には、社長さんたちとお話しする機会もあることです。普通に生活していて絶対に関わることのない人たちの話を聞けるのは新鮮ですし、ためになる話を聞ける機会もあります。

キャバクラ業は「サービス業のプロ」なので、礼儀や気遣いがものすごく身に付くお仕事でもあります。

自分のことをどこまでも磨くことができるというのはキャバクラで働くことでの最大のメリットです。

キャバクラで働いて悪かった事【デメリット】

逆に悪かったことももちろんあります。

自分のことを気に入ってくれたお客さんの中には、ストーカーに近い感じになってしまったり、ちょっとしたことが、女の子同士のトラブルになったり・・・。

こういうことに遭遇したときは、すぐに店長かボーイさんに相談しましょう。

逆に自分自身で解決しようとすると、余計ややこしくなったりお店自体に迷惑かけてしまうこともありえるので、気を付けてください。

まとめ

これは私の体験談でしたが、全体的にみると良い事が多いです。

実際長く続く方はポジティブな女の子ばかりなので悩みはプライベートで吐き出すのが良いですよ。

 

 - キャバクラ嬢の豆知識 , , , ,