*

キャバクラ嬢になって分かる金銭感覚とメイクの変化

   

warukattakoto

キャバクラ嬢になって悪かった事は様々あります。

細かい事をあげていくときりはないですが、今回は大きなデメリットだと感じる金銭感覚とメイクの変化について詳しくご紹介します。

またこちらの記事ではメリットデメリットについても書いていますので参考に。
キャバクラで働いて良かった事と悪かった事【メリットとデメリット】

金銭感覚が狂う

どんな仕事をする上でもデメリットは必ずありますが、私の思うキャバクラで働く一番のデメリットは金銭感覚が狂うことです。

キャバクラ嬢のお給料は日払いでもらえるお店がも多いです。

それはそれで嬉しいのですが、お財布にそのままお給料を入れているとお金がたくさんあると思い込みがちになってしまい金銭感覚が狂ってしまいます。

  • 気が付けば短い距離でもタクシーを使ってしまう
  • ブランド品をたくさん買ってしまう
  • 何万円もするエステに通ってしまう

などなど・・どんどんお金を使ってしまいます。
せっかくたくさん稼いだのに貯金が1円もない!なんてことも珍しくありません。

私の性格もあると思うのですが、体験入店を経てキャバクラ嬢になるときっと分かると思います。使ってしまってもまた次の日に入ってくるんですから少なからずは麻痺してしまうでしょう。

お小遣い稼ぎでキャバクラをやることは悪いことだと思いません。

キャバクラで働くときにはお金の使い道や、特に目的がなければ貯金額をきちんと決めた方がいいと思います。

いざキャバ嬢をやめよう!と思う日が来ても給料が良すぎてやめられない…。

元の生活に戻れないなんてこともあります。

 

外見の変化

キャバ嬢をやる上のデメリットは中身以外に、外見の変化もあります。

まずはメイクです。

実際に働き始めると、綺麗なドレスや周りのキャストに合わせて化粧は、どんどん濃くなります。昼間の化粧も無意識に濃くなってきます。

特に彼氏に内緒で働く場合は「最近化粧濃くない??」と言われて勘付かれることも実際にあるので気を付けましょう。

そして濃いメイクをしているお肌と逆毛を立ててセットした髪の毛は確実にボロボロになっていきます。

朝帰りになって眠くても、面倒くさがらずスキンケアはきちんとしてあげて女子力を高めていく意識をもつようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

デメリットはあげていけばきりがありませんが、金銭感覚とメイクについては麻痺しがちですので気をつけましょう。

 

 - キャバクラ嬢の豆知識 , , ,