*

お客様の顔と名前の覚え方

   

お客様を指名客にしていく、常連客していくにはお客様の事を覚えてあげる事はキャバ嬢の基本で、そうしなければ高収入は稼げません。

キャバ嬢にとってお客様の情報は命で「覚える」事は長い付き合いで基本になります。

お客様の事を覚える情報

 

覚えてあげる事はたくさんあります。お客様の名前はもちろん、タバコの種類、好きなお酒、仕事、出身地、車種、趣味、前回の来店時に話した事など覚える事はかなりあります。

こういった情報を覚えてあげる事で、お客様は「ちゃんと話をきいてくれてるんだ」「俺の事に気があるのかな?」と思ってくれるんです。

ココまで覚えるのは大変ですが、トップキャストと呼ばれるキャバ嬢は100人近くのお客様の情報を覚えているのも事実です。

ただ話をきいているだけでは覚えきれなくなってきますので、おすすめは「お客様ノート」をつくってメモしていかないと行けなくなるでしょう。

体験入店後、始めたばかりの時はいらないと思うかもしれませんがあなたが稼ぎたいと思うなら最初から付けてもいいと思いますよ。

 

顔や名前の覚え方

最初からすべてを覚えていく事は無理ですので、まずは顔と名前を覚えましょう。

覚え方のコツは、顔の特徴をみることです。

「誰々ににている」「口元がつりあがっている」などなんでもいいので、お客様の応対後に名前と特徴をかきとめる癖をつけましょう。

名前の覚え方はより簡単なのですが、お話ししている時に、「○○さんって凄いですね」など、わざと話しながら名前を言うようにしましょう。

繰り返し名前を言う事で自然と覚えるようになります。学校の勉強と同じで声に出していくと覚えるのも早いです。

 

 - キャバ嬢の会話術 , , ,