*

指名せずにはいられない男に惚れさせるキャバ嬢必須の5つのテクニック

   

makelove-technique2

とにかく指名客を増やしたい!稼ぎたいキャバ嬢必須テクニックです。

トップキャストの女の子はとにかく男に気があるんじゃないか?と思わせる様々なテクニックを使います。

これは自然に出来ている女の子もいるし、キャバ嬢になってから覚えていく場合もあります。

この記事では私が一押しの男をほれさせるテクニックを5つご紹介します。

男に惚れさせる5つのテクニック

キャバクラに来るお客様にある意味勘違いさせるぐらい、男性に惚れているふりをするテクニックです。

「こいつ、俺に惚れてるんじゃないか?」と思わせてしまえば気分良く来店してくれるし、末長い上客にまで持っていく事が出来るのでキャバ嬢必須のテクニックです。

年下の女の子に思わせぶりな態度を取られて気分が悪くなるお客様はいないんです。
では5つのテクニックをご紹介します。

あなたの夢を見た話をする

だれしも夢の中でつき合っていて実際好意をもってしまったという経験はあるのではないでしょうか?

気にもしてなかったけど、夢を見てから意識しだしたりとか。。

そんな心理を利用して夢の中では恋人同士でラブラブだったとか、結婚していたなどさりげなく会話に混ぜるだけでOKです。

恥ずかしがる

男性は年を取れば取る程、女の子っぽい純情さを求める傾向にあります。

これは既婚者だと尚更なようです。結婚も慣れてくると自分の奥さんのあらがみえてきて、恋人からだんだんかけ離れていくものですので、こういう純情系は受けます。

子供がいたらなおさら、恋人からお母さんという存在になってしまって恋人同士のような振る舞いは喜んでくれます。

ベタですが、目が合うと恥ずかしがるだけで男は「ん?もしかして・・・」と思ったりしてくれるもの。更に続けて夢の話に持っていくパターンもあります。

来店時はとにかく喜ぶ

お客様が来た時にはとにかく喜ぶのはもはや基本。すぐに駆け寄るぐらいがちょうどいい案配です。

「おそい〜」などまるで待っていたかのような言葉も重要です。

デートや旅行に誘われたら自分から計画を立てる

旅行に誘われたりデートに誘われたりはけっこうあります。

そんなときにはすぐ断らずに自分から「○○いきたいなぁ〜」とかどこに行って、何を食べよう!とか自分から空想の世界で計画を話せばOK!

もちろん日程の話になったら誤摩化してくださいね。

付回しに呼ばれてもすぐに席をたたない

これは「あなたと離れたくない」「もっと話したいアピール」です。

実際は行かなくては行けないのですが2.3回呼ばれていくぐらいが丁度いいです。

すぐに席を立ってしまうと気分が悪くなってしまうお客様は多いのでアピールする事が重要です。

そして、席を離れる時は「帰らないでね!」とまだ一緒に居たいアピールを忘れずに。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

キャバクラでは疑似恋愛的にお客様と恋人同士のように接客する事が重要。そのためには男に悪く言えば勘違いさせなくてはいけません。

是非上記のテクニックを参考に色々とお客様によって使い分けてください。もちろん合コン、会社の飲み会等でも使えるので是非実践してみては。

 

 - キャバクラ嬢のHowtoテクニック , ,