*

初心者必読!キャバ嬢がまず実践する5つの接客テクニック

   

kyaba-talk-technique

キャバクラで初めて働くから接客が分からない

通常の居酒屋等と違い、キャバクラの接客は男性客を惹き付けなければいけません。ですが初めてキャバクラで働くとどうしていいか分からなくなってしまいませんか?

この記事ではキャバクラで働く初心者の女の子向けの接客テクニックをご紹介します。

キャバクラ嬢の接客とは

キャバクラでの接客というのは基本はどこも一緒です。

男性客にまた会いたいと思わせるという事です。そのためお客様が求めている女の子を接客しながら見極める必要があります。
男性客が求めている事に敏感にきづいて、そういう接客をしてあげれば指名に繋がるというわけです。

可愛いだけでは売れません。

では簡単な接客テクニックを見ていきましょう。

 

身体を触りながら話す

合コンなどでもそうですが、常にボディタッチをしながら話すだけで男性客は喜んでくれるものです。

笑うたびに肩をたたいたり、何気なく太ももに手を置いてみたりさりげなさがポイントです。

 

いちゃいちゃ営業

男性客が一番喜ぶ接客方法です。いちゃいちゃしながらまるで彼女のように接してあげるのがベター。大体の男性は喜ぶし『気があるのかも?』と思わせるのが大切です。

ただしそういうのが苦手なお客様もいますのでそういう場合は違う接し方にしましょう。

 

はじめに慣れてないと言っておく

接客が上手く出来ない場合は、最初から素直に「慣れてないんですいません」と言っておくのも全然ありです。

キャバクラ慣れしている子より、そういう女の子を好むお客様も多いのでたいていのお客様は話題を振ってくれたりリードしてくれます。

 

好意がある事を会話に混ぜる

男性にとっては好意があると思われていやな人はいません。

さりげなく会話中に「○○さんとつき合ったら楽しそうですね。」とか「○○さんって彼女いるんですよねぇ〜」など好意があるような会話を混ぜていきます。

ポイントはお客様と呼ばずに名前を聞いたらすぐに名前やニックネームで呼ぶ事。
お客様と呼んでいては距離が縮まりません。

 

自分からメールやラインを聞く

「あとでメール聞いてもいいですか?」

接客中にお客様からではなくて自分からメールやラインは聞きましょう。自分から聞くのと聞かれて教えるのではだいぶ違います。

メールを聞いたら自分からメールをしましょう。

内容はくだらない事でもいいんです。送る際には営業時間外にする事がポイントです。

 お客様とLINEやメールで連絡先を交換するときに気を付ける事

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

キャバクラで働く場合のコミュニケーションスキルは最初はなくて当然。だんだん慣れていくものです。
ですがあまりキャバクラ慣れしすぎている雰囲気を嫌うお客様もいますので、注意しましょう。

 

 - キャバクラ嬢のHowtoテクニック ,