*

一斉送信メールを個別メールに思わせる営業テクニック

   

kyaba-mail

メールは手軽にお客さまとコミュニケーションを深められる必須アイテムなので、かならず営業メールは必要です。

うまく営業メールを利用して指名客を増やす事をどの女の子もしてると思いますが、多くのお客さまに個別メールをしていては大変です。

この記事では一斉送信メールと個別メールの使い分け方をご紹介します。

一斉送信メール(同報メール)の考え方

キャバクラ嬢をしているとお客さまもだんだん増えてきますので、多くのお客さまとの連絡に同報メール(一斉送信メール)が増えてくると思います。

ですが、みんなに送っているんだなと思われてしまってはお客さまも興ざめで逆効果ですので、同報メールと思わせないテクニックや使い分けが必要です。

お客さまにとっては個別のやり取りのほうが楽しいと思うのは当然のことで、お客様も個別メールを望んでいます。

同報メールを送っていい内容

同報メールは、個人的なお店の出勤についてや当たり障りの無い内容にしましょう。

当たり障りの無い内容とは、「毎日暑いですががんばりましょう!」「体調崩したりしていないですか?私はちょっと風邪気味です」とかです。

そして効果的な個別メールは出勤前に送っておくのが常識。仕事外の時間帯にくるメールの方が、お客様は喜んでくれます。

同報メールはお店が暇な時間帯とかに送っても問題ありませんので時間帯にも気遣いましょう。

 

一斉送信メールと悟られないテクニック

雛形を作っておく

同報メールを送る場合でも雛形を作っておいて一人一人送るということでみんなに送っている事がバレなくなります。

送る相手が多ければ大変ですが、雛形を作っておく事で労力を軽減出来ますのでなるべく多く作りましょう。

名前を必ず入れる

作った雛形に名前を入れる部分を付けておく事で一気に個別メールに近くなります。名前だけでと思いますが、これは必須です。

2人だけの共通の内容を一言入れる

最後等に2人で話した共通の話題等をいれておくことで一斉送信メールとは思われないでしょう。

ちなみに多くのお客様にメールを送る場合は会話の内容等も忘れてしまうと思うので、一日の終わりにメモを取っておく事をおすすめします。

このメモに話した内容やお客様の服装、ネクタイの柄などを簡単に記入しておきましょう。

これらをマメにする事でお客様は「こんなことまで覚えていてくれてるんだ?」「気があるのかな?」と思ってくれればしめたもの。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ずっと一斉送信メールだけではコミュニケーションを深める事には繋がりません。指名して話したいなとお客様が思ってくれる事はないのです。

3回に1度は個人的にメールを送ってお客様と繋がりやすい状態にしておきましょう。

 

 - キャバクラ嬢のHowtoテクニック , , ,