*

キャバ嬢が覚えるべきフリー客を指名に繋げる7つの口説き文句

   

kyaba-kudoki

フリーのお客は特に多く来店しますが、売り上げアップの為にはこれらのフリーのお客さまをうまく指名に繋げなくてはいけません。そのためにはあなた独自の口説き文句を用意しておいた方がいいでしょう。

お客のタイプよって使い分けた方がいいですが、キャバクラ嬢が覚えるべき指名に繋げる口説き文句をご紹介します。

キャバ嬢の指名に繋げる7つの口説き文句とは?

○○さんって素敵ですよね?(○○さんってモテるんじゃないですか?)

基本中の基本ですね。

言われて悪い気がする男性はいないので、褒め言葉を席に着いたら適度に織り交ぜながらしゃべるのがおすすめです。彼女が羨ましいというニュアンスを伝えましょう。

いい身体してますね?鍛えてるんですか?

男性は若い人でも40代でも体力を褒められると男としての自信につながります。とくに40代の男性等は体力の悩みはつきないものです。

コンプレックスに感じている所を褒める事はとても効果的です。劣等感を感じ始めている男性に対して褒めてあげる事で、一気に男としての自尊心がくすぐられます。

一緒にいると楽しくって、時間が経つのがすごく早いです

文字で書くとクサくなりますが、このような事をいわれると弱いものです。

とにかく一緒にいて楽しいアピールは指名客に繋げる第一歩です。

こんなに素で話せるのは久しぶりかも

初めてというと嘘くさく感じるものです。

わざとらしくないように久しぶりに会話があう人と出会ったというニュアンスで伝えましょう。

なんで私の事分かるんですか?

会話中に「○○でしょう?」と言われた時はチャンスです。

間違っていてもお客さまに同意する事で男性は気分が良くなってくれます。

何でも知ってるんですね?

男性はいくつになっても尊敬されたい自尊心の高い生き物です。

仕事の話や経済の話等をしてきた場合、会話の内容がよくわからなくても頷いて尊敬の意味を込めて言う事が重要です。

最近いいお客さんいなかったから●●さんについてよかった

あなただけに気を許している、他の人とは違うんだというアピールです。

他のお客さまと比べて褒めるのはどんな言葉でも男性は気分が良くなります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

フリーのお客さまを指名客に繋げるにはちょっとしたことです。

すぐに指名してくれなくても褒め続けて気分を良くさせていく事で、来店もしやすくなるし俺に惚れてるなと少しでも思わせなくてはいけません。

 - キャバ嬢の会話術 , , ,