*

場内指名を増やせないキャバ嬢が意識するたった3つのポイント

   

kyaba-jonaishimei

キャバクラでは指名がどれだけ取れているかで成績(収入)が決まります。

本指名をとるにはまず場内指名をしてもらう、つまりお客様に気に入っていただき席に呼んでもらう必要があるわけです。
場内をとれば本指名にも繋がります。

場内指名を増やすということはチャンスを増やすということです。では場内指名はどうしたら増えると思いますか?。
あなたのちょっとした行動や言葉で場内指名を拾うことが出来るとしたら実践してみたいと思いませんか。

沢山フリーの席につく事を心がける

場内指名をもらうために一番重要なことはフリーの席に着くことです。

新規のお客様につかなれば場内を貰うことはできません。
できるだけ多くのフリー客につく。つけばつくだけチャンスにつながります。

沢山のフリー客につくには出勤日を増やす必要があります。
出勤が多いか少ないかでだいぶ差が開いてしまいます。

たとえば1日5人のフリー客についたとしてそれが週6出勤ですと30人のフリーにつけるわけです。
30人いれば一人くらいは場内指名をしてくれてもおかしくはありません。

週2出勤だとチャンスが3分の1に減ってしまうわけです。

もし出勤を増やすことができないのならば率先してフリーにつけてもらえるようにしましょう。

お店は売れている女の子や指名をとれる女の子を優先してフリーの席につけますが、やる気のある女の子もフリーにつけてもらいやすいです。

やる気があることを黒服にアピールしてできるだけ優先してフリーの席につけてもらいましょう。

 

指名に繋げる会話テクニック

黒服にチェンジで呼ばれた時貴方はどんなふうに席を抜けますか?
ただ「御馳走様でした」だけでは次には繋がりません。

黒服に呼ばれたときは「えー。交換になっちゃった。もっと〇〇さんとお話していたかったな」「もっとここにいたかったな」と甘えてみましょう。
それだけで気分がよくなって場内を入れてくれるお客様もいます。

ゴリ推しされるのが嫌いなお客様もいるので「もうちょっとここにいたいけど他の女の子とも話したいですよね?」など控えめな感じで切り出してみるのもいいでしょう。

お客様のタイプに合わせてあからさまにならないように場内に繋がる会話をしてみてください。もし場内をもらえなかったとしても「またお話したいです」などと言って連絡先だけでも交換しましょう。

次に繋げることがなによりも大切なんです。

次に来た時は指名してもらえるかもしれません。

 

仲の良い女の子を作る

場内指名はフリーのお客様だけではなく、本指名の女の子がいるお客様からももらうことができます。

場内も指名料がつきますので本数が多いに越したことはありません。
自分のお客様が来た時は仲のよい女の子を場内で呼んであげてみてください。

二人きりで話していると会話が息詰まることもありますし他の女の子を交えて話したほうが盛り上がることもあります。

自分のお客様が来た時に呼んであげた女の子はきっとその子のお客様がきたら今度は逆に貴方に場内を入れてくれると思います。

お互い場内で呼び合える仲の良い女の子を数名作っておけば場内指名の数が自然と増やせます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

場内指名をとることが出来れば次の本指名にも繋げやすいですし、指名料も入りますから場内はできるだけ増やしたいところ。
些細なキッカケで場内指名を入れてくれるお客様もいます。

場内指名に繋がる営業を心がけてみてください。

 - キャバクラ嬢のHowtoテクニック , ,