*

店外デートばかり誘ってくる痛客への対処法

   

kyaba-itakyaku-remedy

キャバクラで働いていると様々なお客がいます。中にはいきなり「つき合わない?」とか言うお客までいます。

そして外で会おうとして店外デートの誘いがしつこい痛客もかなり多い部類です。

そんなときあなたはどうしてますか?

店外デートばかり誘ってくる痛客への対処法をご紹介します。

店外デートに誘われたら

店外デートばかり誘ってくる人はお客ではない

まず認識しておくべき事は、お店にこない人はお客様ではありません。

そして、初回フリーでついたお客様や何度かついたけれど場内や指名ではないお客様。
お店にいる間は指名を入れてくれても入れてくれなくても大切なお客様です。

ただし連絡先を交換してそれ以降一度もお店に来てくれず、外で遊ぼうしか言わないお客様。お店に足を運んでくれない人はキャバ嬢にとってお客様ではありません。

お店に来てくれるからお客様なんです。

お仕事だからこそお話もするのです。

そこを理解できない飲み方の知らない人が最近は増えています。

全くお店に来る見込みのない人には店外でデートするつもりはないとハッキリ言ってしまっても問題ありません。

何故ならその方はお客様ではないからです。

ただ単にキャバクラで知り合った女の子とホテルに行きたいだけの人は、お客様として育てるのは難しいので見切りをつけてしまった方が楽かもしれません。

店外デートを断りお店に来てもらう方法

キャバクラのシステムを理解できていないだけで、これからお客様になってくれる可能性を秘めている人もいます。

そんな方にはなぜ店外デートできないのか、わかりやすく説明してあげる必要があります。

キャバ嬢は遊びに来ているわけではなく仕事しに来ているのだとやんわりと教えてあげましょう。

一度来ただけのお客様はキャバ嬢にとって初対面の人です。

初対面の人にホイホイついて行く女の子がいるでしょうか。
普通に考えていませんよね。

仕事だからお客様を接待しているのであってナンパされに来ているのではありません。この事実を噛み砕いて意地悪くならないように理解しやすく説明してあげるとよいでしょう。

具体的にはこんな感じ。

  • 「貴方と話していると楽しいけど、もっと話してみたい。」
  • 「私も貴方が気になっている。でも初対面の人と外で会うのは気が引ける。」
  • 「デートするならもっと仲良くなってからがいい。だからまたお店にきて欲しいな」

キャバクラで働いている位だから軽い女だと少なからず思い込みがあるはずです。
だから簡単にデートに誘えるわけです。

しかしそれが間違いであるとシッカリ説明すれば逆に嬢に好感度を持ってくれる場合もあります。誰にでもついて行く様な子ではなくキチンとした女性なのだと。

そう思わせることが出来れば二度目の来店に持ち込みやすくなります。

 

お客様を育てる

キャバクラ遊びが好きな人でもなければ、高いお金をだしてキャバクラに通おうと考える人はまずいません。

たまたま誘われて行ったキャバクラで気に入った子をみつけデートに誘ってみても断られてしまったらそれっきり。

キャバクラに通うのは恥ずかしい行為でお金の無駄。
そう考える人が大多数です。

仮に数回来てくれたところで店外デートに誘うばかりの痛客に成り下がるのが落ちなんですが、そんなお客様予備軍を育てるのもキャバ嬢の大事なお仕事です!

キャバ嬢からしてみればお店に滅多にこないのにデートに誘ってくる客は「ウザくて痛い」となります。

ですが男性側からしてみたら、キャバクラには行きたくないけど女の子は落としたい。
それが本音です。

来店回数が少なくとも来てくれさえすればチャンスはあります。

ただ嬢とデートしたいエッチしたいと思っているお客様を、嬢といれば楽しいまた一緒に飲みたいと気持ちの変化を持たせられればこっちのものです。

あしげく通ってくれて常連と呼べるようになったら、たまに店外デートのサービスをしてあげるのもよいでしょう。

ですが、お客様は誰でも育つわけではありません。
どんなに頑張ったところでお店にこない人は来ません。

店に来てくれない人を相手にするのは疲れますしただのボランティアです。

育つ客育たない客を見極めてコツコツと営業するのが精神衛生上よいと思います。

お店に来ない痛客は客ではない!気持ちを切り替えて次に繋がりそうなお客様にだけ全力投球しましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

無理して指名客に持っていくのは、かなり見込みのあるお客だけにしましょう!

店外デートに誘ってくるお客は基本的にはお金をかけたくないという考えの人がほとんどです。

 - キャバクラ嬢のHowtoテクニック , ,