*

キャバ嬢は実は人見知りが多い?会話が苦手でもキャバでのしあがる方法

   

kyaba-hitomishiri

私は人見知りだからキャバ嬢は向いていない。お客様とうまくお話できない。

キャバクラで働き出した女の子の多くがこの言葉を口にします。あなたもそんな風に思っていませんか。

でもキャバクラで働いてる女の子って実は大半の子が人見知りなんです。キャバクラは人見知りでさみしがり屋の女の子が働く傾向が高いそうです。

なので人見知りだからといって接客がうまくいかないなんてことはありません!

キャバクラは演じる場所です。人見知りでもいつもと違う自分を演出するそれがお仕事なんですね。人見知りでもキャバ嬢としてのしあがることはできます。むしろNO1タイプのキャバ嬢に人見知りの子が多い位なんです。

仕事だと割り切る事が重要

キャバクラではお客様とお話すること自体がお仕事です。仕事と割り切ってしまえば案外なんでもできるものです。

プライベートでは人見知りでもお店でだけは大丈夫というキャバ嬢も沢山います。

ここにいる自分は本来の自分ではなく違う自分。

そう割り切ってしまいましょう。

キャバクラは自分自身が商品ですので、お客様によってはどんな商品を求めているのかニーズが変わってきます。
そのニーズに合わせて接客するのがあなたのお仕事なんです。

毎回違う自分を演出する事が、キャバ嬢のお仕事です。

ですから今ここにいる自分は自分ではないとスッパリ割り切ることによって、不思議とどんなお客様ともおしゃべりできるようになっていきます。

人見知りはキャバ嬢に向いている

人見知りだということはマイナス面ばかりではありません。

ちょっと位、内気でシャイな方が男性ウケがよいんです。

男の人は清楚で大人しい女性に憧れるものです。トークが楽しく盛り上げるのがうまいキャバ嬢もいますが、そのタイプのキャバ嬢は盛り上げ役で終わってしまうこともしばしば。

男性が本当に好きで恋人にしたいタイプは内気で男性なれしていないような女の子なんです。

 

会話中に苦手な事をいっておく

お客様とうまくおしゃべりできなくても、「人見知りでうまくお話できなくてごめんなさい。でも○○さんとならいつもよりうまくお話できている様な気がするんです」「人見知りで男性とうまくお話できないけど〇〇さんならお話していて安心するんです」などと話しながら言ってみましょう。

男性は単純ですから自分は特別なんだ、好意を持ってくれているんだと思ってくれます。
嘘でもいいんです。キャバクラは演じる場所です。

そして本当はそのお客様とも上手くおしゃべりできていなくても、いつもよりほんの少し上手くしゃべれていると自分でも思いこんでしまいましょう。

自分に暗示をかけるわけです。自己暗示は案外効きますのでぜひ実践してみてください。

人見知りがのしあがる(NO1)になるには

人見知りは決してキャバ嬢に向いていないわけではありません。

人見知りでもNO1は目指せます。

目標と目的意識をしっかりともち絶対にやってやるんだという覚悟を決めてしまうことが大切です。

これはお仕事なんだからやれば出来ると思い込んで、お客様の前では女優になりましょう。
いつもの本来の自分のことは仕事中は忘れて切り離してください。

そしてなにより場慣れすることが大切です。慣れよりも場慣れで、場に慣れることと努力それに勝るものはありません。

接客に慣れるためにも出勤はできるだけ多くしましょう。

キャバデビューしたての女の子でNO1にのしあがる子は大抵出勤日数が多いのはこのためです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

人見知りだからといってキャバクラのお仕事が合わないなんてことは絶対にありません。
人見知りで用心深い性格をプラスに活かせるのがキャバクラです。おしゃべりが上手じゃなくてもお客様の心をつかむことはできます。

慣れるまではなかなかうまくしゃべれないと思いますが、一生懸命接客している姿がかわいらしいと思ってくれるお客様は多いです。人見知りを克服することだけではなく人見知りを利用した接客方法を考えてみてくださいね。

 - キャバクラ嬢のHowtoテクニック , ,