*

色気が無くても問題無し!癒し系を目指すキャバ嬢テクニック

   

kyaba-comfort-technique

キャバクラで働くけど、私は色気がないし・・・

そんな方でもナンバーワンキャストになっている女の子は一杯います。それは癒し系を極めている女の子が多いのです。

ではキャバクラでの癒し系を目指していくにはどうしたら良いのでしょうか?そこには様々なテクニックがあるのでご紹介します。

癒し系キャバクラ嬢を目指す

キャバクラに来る男性は基本的に最初は、くどき目的であわよくば・・と思っている男性がほとんどですが、慣れてくるとお客様は癒されにきます。

いわば大人の遊び方をしっている人です。そういうお客様をうまく指名客にしてしまうのに一番向いているのが癒し系の女の子で、お客様をそういう女の子を望んでいます。

働き盛りの30代〜40代のお客様に特に多いのですがこの年代は仕事の悩みや家庭の悩み等をキャバクラに来て発散させるだけの目的で来店してくれますので、お店にとってはとっても良いお客様です。

楽しく女の子と話したい!という事が目的のため、「癒しを求めている」お客様への対応がキャバクラ嬢にとっては重要です。

 

癒しを求めるお客様への対応

求められるキャラクター

癒されたいお客様は、キャバクラでは前述したようにとにかく楽しく過ごしたいお客様です。そのため求められているのは、まず元気で明るい女の子です。

ほかにも、

天然系を求めるタイプや、会話が続く女の子、聞き上手な女の子等が求められます。

つまり「気を使わなくてもいい女の子」が求められています。

もちろん下心は男性なのでありますが、「口説けなくても話しているだけで楽しいからまた来よう」と思わせる事が重要です。

まずはお客様の環境を徹底的に知る

このようなタイプのお客様は接客していると癒されたいんだなという事に気づくでしょう。

どのような悩みがあるのか、今のお客様の環境などを話しながら理解してあげる事が指名に繋がっていきます。

男と女という関係性である以上に人間と人間という接客が一番良い接客です。そのためあなたの優しさが伝われば、癒されたいお客様はずっと指名してくれるようになります。

とにかく相手を気にしてあげる

お客様のタイプによって変えていく必要がありますが、常に何かを聞いてほしい、癒してほしいお客様に対しては優しく対応する事が重要です。

来店時には「今日は疲れている顔をしているけどなにかあった?」と声をかけたり、とにかく話をきいてあげるという姿勢を徹底させたりと、相手の言葉に同調してあげる事が大切です。

仕事の悩みがあってとにかく楽しい時間を過ごしたいという時にはずっと馬鹿話につきあってあげたりしてあげるだけで満足してくれます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

癒しを求めて来店してくれるお客様こそ、キャバクラ嬢は腕の見せ所です。来店時と変える時の表情に注目してみてください。

もし顔つきが変わってくれていたらキャバクラ嬢としての腕がある証です。

 

 - キャバクラ嬢のHowtoテクニック , ,