*

キャバ嬢の誕生日月に売上げを爆上げする4つの具体的な方法

   

kyaba-birthday2

誕生日月はキャバクラ嬢にとってお客様も誘いやすく、普段連絡を頻繁にしてないお客様にもアピールしやすいので売上げを伸ばしやすいとされています。

具体的に何をすればいいのか?4つの具体的な方法をご紹介します。

売上げを倍増!4つの具体的な方法

1.あなたが連絡出来るお客様リストをピックアップ

誕生日月には普段連絡してないお客様に最も連絡しやすいイベントです。

誕生日にお客様が普段通りだったら、少なかったら可哀想だなと来店してくれるかもしれませんので、すべてのお客様を一旦まとめてみましょう。

「連絡しても絶対来ないだろうリスト」とか、「来てくれるかもしれないリスト」「来る可能性大リスト」など、まとめておくのもおすすめです。

 

2.営業メールを送りましょう

ピックアップが終わったら、営業メールを送ります。メールは大体一ヶ月から2週間前に送っておく事がおすすめです。

忘れてしまうのではないか?という心配もありますが、前日等に送っても来店してくれません。

事前に送っておいて、来店してくれそうなら誕生日が近くなったらメールを送ればオッケーです。

営業メールで押さえておくポイント

営業メールで押さえておくポイントは3つあります。

誕生日に特別な人と会いたいアピール

やっぱり誕生日には気に入っている人と会いたい、話したいという事を伝えます。男性は誕生日に会いたい⇒気に入ってくれてるのかな?とおもってくれるものです。

仕事が終わったら寂しいから同伴かアフターをアピール

同伴かアフターを誘うのも忘れないでください。

誕生日は誰かと一緒にいたいもの、誕生日にご飯を一人で食べるのは寂しいというアピールですね。

プレゼントはいらないアピール

欲しいものある?と聞かれた場合でもココで素直に「ヴィトンのバッグが欲しいなぁ」等というのはNGです。来店してくれるだけで嬉しいと伝えるだけでいいんです。

本当に気に入っているお客様ならいらないと言っても買ってくる場合が結構ありますがその場合は素直にお礼をいって貰ってしまいましょう。

営業メールの内容

  • 「○○日は誕生日なんでお話ししたいな?」
  • 「誕生日なのに誰も同伴してくれないよ〜;;」

といった内容でしょうか。

誕生日アピールしちゃいましょう。営業臭くても誕生日月は許されます。

 

3.営業メールはリストごとに内容を変える

「絶対来ないだろうリスト」は基本的にはメールは同じ文面で構いません。当たり障りの無い内容で送っちゃいましょう。

「来てくれるかもしれないリスト」「来るだろうリスト」などは同じ内容では芸がありません。名前をちゃんと変えて特別感がある書き方がいいですね。

1番来店させたいのは自分の事を気に入っていて、お金を使ってくれるお客です。
特に力を入れてメールを送りましょう。

 

4.来てくれたお客様におねだり

来店客はなるべくお金を使ってくれそうなお客様を集めた方が良いですね。

その際に誕生日だからと大きなお花を持ってきてくれたり、とにかく俺が一番だ!と競ってくれるんです。

男のプライドは結構こういう所に出ます。

上手にくすぐって、誕生日にはシャンパンを入れてもらったり、おねだりしちゃいましょう。

こういう時は色々お客様がサービスしてくれます。

夜用の誕生日をボーナス時期の7月や12月に設定しているキャバ嬢も多くて、この時期に売上げを伸ばせないとキャバ嬢としてはまだまだです。

 

関連記事
キャバ嬢が夜用の誕生日を設定する3つのメリット

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一気に売上げを上げるチャンスになりますので、誕生日は重要です。誕生日の売上げで結構ノルマがあるお店等では楽になります。

色々活用してみてくださいね。

 - キャバクラ嬢のHowtoテクニック , , ,