*

40代独身男を指名に繋げるテクニック

   

私が働いたキャバクラ全店で言えるのは、40代の独身男が多い事です。この年代の人はある程度お金に余裕がある年代ですので、キャバ嬢にとっては指名に繋げられれば大きな収入になります。

この年代の男性を指名に繋げるテクニックを覚えておく事で収入に大きな差が出るでしょう。

40代独身男性について

この年代の男性はキャバ嬢は悪く言うと「金のなる木」と呼んでいます。

安定してナンバーに名を連ねながら売上を上げるキャストは、40代独身男性の指名客が多いのです。

特に気に入ったお店やキャバ嬢が出来てくれるとほぼ毎日の人や週末は必ず通ってくれるようになるのでキャバ嬢からすると指名客に繋げたい年代です。そこで指名されている女の子に共通している点があります。

自分の事を可愛いと思ってくれる女の子を指名するという事です。

 

40代独身男性の特徴

通常、お客様が20代、30代など若い場合は、女の子は可愛く見せれば指名に繋げられるかもしれませんが、40代には無理なんです。

40代からすると20代なだけで、みんな若くて可愛いんです。
わかりやすくいうと若いだけで可愛いんです。

40代男性に例えば「君はかわいいね?」と言われたとしても気に入られているわけではありません。「元気がいいね」ぐらいの意味だという事を覚えておいてください。

 

40代独身男性を指名に繋げるには

40代独身男性は一回に使ってくれる金額も大きいのでぜひとも指名につなげたいところです。この年代は若いだけ、可愛いだけは指名してくれません。

自分の事をどう思ってくれれるかで女の子を選びます。

ポイントはコミュニケーション能力になります。

この年代はもちろん例外もありますが大概結婚も視野に入れて女の子と接しますので、
話が合う子やコミュニケーションが取れる子が指名してくれます。自分を特別視してくれるか?興味を持って色々質問したりするのが効果的です。

初めてあった場合はネクタイなどを覚えておいて、次回来店した時はサラッと話題に出したり、そういう細かい事に喜んでくれるんです。

 

 - キャバ嬢の会話術 , ,