*

社長や社会的地位の高いお客様を指名に繋げるキャバ嬢の3つの接客術

   

highstatus-service

社長や社会的地位の高いお客様を指名に繋げられれば売り上げは大幅アップにつながります。

いわゆるお金のあるお客様への接客はキャバ嬢にとってはかなり心強いお客様で、どうしても指名に繋げたい太客ではないでしょうか?

この記事ではこのようなお金のある社長や社会的地位の高いお客様への3つの接客術をご紹介します。

社会的地位の高い男性の傾向

キャバクラに来るいわばお金持ちのお客様の傾向は、小箱だろうと高級店だろうとかわりません。

基本的には遊び慣れていてあらかたの遊びは済ましているので落ち着いた人が本当のお金持ちで太客と言えます。

いわゆる成金みたいな一時の成功者はお金は使ってくれますが、指名客になってくれてもアフター目的のため長続きしない傾向があります。

そして気に入られればあなたの営業成績なども気にしてくれてあなたの助けになってくれる可能性大なので、こういう太客をいかに多く掴むかがキャバ嬢としての見せ所、頑張りどころです。

 

社会的地位の高い男性への接客対応

甘える事も必要

会社勤めの社長や管理職の場合は取引先のお客様や部下などを引き連れてきてくれたりする事が多くなりますので大きな売り上げに繋がります。

またキャバクラの世界をビジネス的に見られる方も多いので、頑張っている姿をアピールする事で気に入ってくれたりするものです。

つまり応援してくれる側に回ってくれるため、「ちょっと今月ピンチだから助けて!」と来店を甘えたりする事も必要です。

あまりに分かりやすく営業メールばかりだとウザがられてしまいますが、いざという時には助けてくれるでしょう。

 

礼儀作法は最低限のマナーを

 

相手は社会人としての成功者。つまり一定レベルの礼儀作法は必要です。

そのため多くは高級クラブに行く方が多いですが、キャバクラに来る場合は、若い子と話したいという多少気楽にしたいという気持ちで来店される為、おざなりになりがちですがあまりに礼儀がなってないと気分が悪くなって二度と来店してくれなくなります。

挨拶、お礼など社会人としての基本的な常識レベルのマナーは守りましょう。

 

夢を語るのは大事

地位の有る方というのは成金でない限り、ある程度の年齢が高いお客様がほとんどです。年齢が高ければ高い程、若い子の夢やおしゃべりを聞いているだけで好意的に受け取ってくれるものです。

相手が成功者のため、たとえばお店を持ちたいとかお金持ちになりたいとか夢を話すだけで色々とアドバイスもしてくれますし、力になってくれる方がほとんどです。

今のお店でナンバーワンになりたいとか身近な夢でもいいんです。

気に入ってもらえれば、ナンバーワンになる為にボトルをいれてくれたり売り上げに貢献してくれるでしょう。

 

見返りを求められた場合

見返りとは愛人契約やアフターでのお泊まりのことです。

どんなに協力的なお客様や、高齢のお客様でも男は男だという事を忘れないでください。どんなに年が離れていても関係ありません。

気に入ってもらえばもらうほど、その女の子とエッチがしたいというのは男性なら当たり前です。

このようになって断るのは至難の業でもあるので、断る理由は事前に考えておくべきでしょう。

こちらの記事も参考にしてみましょう。
AKBに学ぶエッチをさせずに指名させ続けるキャバ嬢テクニック

一度こじれると面倒になって二度と来店してくれなくなるので気をつけましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

社長や社会的地位の高い太客を多く持つ事でキャバ嬢の売り上げは一気に加速してナンバーに近づいてきます。

愛人契約を持ちかけられるのが多いのも、このタイプのお客様の傾向として強いですので、断りながら長く関係性を続ける事が大切です。

 

 - キャバクラ嬢のHowtoテクニック , ,