*

灰皿に関するキャバクラマナーとは?

   

haizara

キャバクラではお客様は喫煙出来ます。

その際タバコに火をつけたり灰皿の交換をスタッフにお願いするのはキャバクラで思えておかなければいけない事です。

その際灰皿に関するマナーもあり、トップキャストと呼ばれるには覚えておきたい事です。

灰皿交換のマナー

まず覚えておきたいマナーはキャバクラによって違いますが、
お客様の灰皿はタバコ1本、せいぜい2本吸ったら交換するのが一般的です。

新しい灰皿を溜まった灰皿に上に重ねて溜まった灰皿を端に寄せてから、灰が飛ばないようにして新しい灰皿をお客様の前へ出します。

その際は両手で行うのがマナーです。

灰皿がなくなった場合は、スタッフに教えれば持って来てくれます。
※スタッフに送るコールサインは、両手で丸を作る動作です。

場所的に灰皿に届かない場所に座っている場合は、『前から失礼します』と一言いって場所を移動するべきです。

黙っていきなり立ち上がると、お客様がなんだなんだ?となってしまいますので一言言いましょう。

 

団体客の場合

灰皿が複数ある団体客の場合は一人じゃ交換出来ません。

しょっちゅう灰皿交換ばかりしてると話も弾みませんので基本的にはホールのスタッフが基本的には「灰皿の交換をします」とキャストとお客様に伝えて交換してくれます。

ですが、近くで交換出来る場合は自分で交換するのが良いと思います。

灰皿交換などでスタッフががテーブルに来ることが邪魔だと感じるお客様もいるからです。

 

結構皆さんタバコは吸われるので覚えておきましょう。

 

 

 - キャバクラ嬢の豆知識 , ,