*

キャバ嬢がお客に連絡先を快く教えてもらう3つの方法とコツ

   

contact-information

フリーのお客様についたら絶対にしたいことは連絡先の交換です。

せっかくフリー客についても連絡先を交換できなければ次に繋げることはできません。
あなたに一目ぼれしたなど特別な場合をのぞいては、たった数分程度お話しただけのキャバ嬢で終わってしまいます。

けれど連絡先を交換さえしていれば次に繋がる可能性が高くなります。

お店でお話した内容にリンクする事柄をラインやメールで送ることで印象がより強くなります。
そしてまた足を運んでみようかなという気にもなるのです。

今回はお客様との連絡先の交換の方法やタイミング、コツなどを紹介していきたいと思います。

自然の流れで連絡先を交換する

お客様と連絡先の交換するタイミングがイマイチわからず結局交換できずじまいで席を後にした。

そんな経験もありませんか?連絡先の交換は流れでしてしまうのが一番です。

連絡先を交換するのが不自然じゃない雰囲気を作ってしまうのです。
そうすることによってお客様はなんとなく連絡先を口にしてしまう。

ようは流されてしまうわけです。

たとえばしょっぱなの名刺交換で連絡先を交換してしまう手っ取り早いやり方もあります。

最近はメールではなくラインが主流なので、教えることに抵抗がないお客様が多いのでそこを利用します。

名刺を渡すときに「連絡先も書いたほうがいいですよね?ラインやってますか?やってるならID書いておきますね。あ、でも直接交換した方が早いですね」とさも連絡先の交換をするのが当たり前のことのように錯覚させましょう。

こんな簡単なことで?と思うかもしれませんがこれは結構あっさりと交換できます。

うむを言わせず交換するのが当たり前の流れを作ってしまうのです。

あれ?おかしいなと思った時にはもう交換が済んでいるわけです。

 

写メを一緒に撮る

オーソドックスなやり方ではありますが快く教えてもらいやすい一番の方法が写メを一緒に撮ったり、自撮り写真をお客様に送る方法です。

あなたの携帯で写メを取ったあとに、デコなどをしてお客様に送りたいから連絡先を教えてくださいと言ってみましょう。

自分の携帯でとればいいと携帯を差し出されたらデコレーションしたいからと理由をつけて断ってあなたの携帯から撮った写真をお客様に送信します。

一緒に写真を撮るのが嫌そうなお客様の場合は、私服姿や普段着の写真を用意しておいて写メをプレゼントするという形で連絡先をさりげなく抑えましょう。

このやり方ですとお客様は連絡先を聞かれたという意識はありませんし、女の子のプライベートな写メが貰えるという嬉しさもあって快く教えてくれる場合がほとんです。

ぜひ実践してみてください。

 

ゲームやSNSを交換する

ラインやメールの交換は渋ってもゲームなどのIDなら簡単に教えてくれる方もいます。
誰でもやっていそうなスマホアプリはいくつか登録しておきましょう。

最近のスマホアプリはチャット機能があるものがほとんどですので、そこから連絡を取ることができます。

SNSもお店用のアカウントを作っておくとよいでしょう。

仮想空間やアバターのあるSNSなどは交換しやすいですね。

こちらもSNS上から連絡をとることができます。

 

最後に

最近はラインの登場やSNS、ゲームなどさまざまな連絡方法があります。
なので、以前に比べて連絡先を聞くハードルはかなり下がっていると思います。

ラインを教えることに抵抗がない人が多いし、ゲームなどは更に抵抗が少ないようです。

ラインと連動しているアプリだと自然にラインを聞くこともできます。

 

 - キャバクラ嬢のHowtoテクニック , ,